• トップ /
  • 特化した弁護士を選ぶと良い

分野ごとの弁護士の選び方

特化した弁護士を選ぶと良い

弁護士は専門分野ごとに選ぶ

弁護士は司法試験に合格して一定レベル以上の法律知識を備えている専門家ですが、医者などと同様に得意としている分野を持っているので、相談先を選ぶ際には、その相談内容に関する法律を得意としている先生を探すことが重要となります。裁判には民事と刑事があり、弁護士によっては、刑事事件を中心に弁護を行っているという人もおります。民事関係の相談や裁判上の手続きを依頼したいと考えている人は、刑事事件を多く扱っている先生に依頼するよりも、民事を中心に業務をしている先生に依頼したほうが、良い結果が得られるでしょう。弁護士を選ぶ際には、法テラスなどを使って紹介してもらうのも良いですが、法律事務所が解説しているウェブサイトなどを参考にして、得意分野を調べてからアプローチをするのが良い選び方となります。民事的な問題に関しても、専門分野が細かく分かれており、相続や遺言などの親族関係の法律を中心に扱っている弁護士や企業からの相談、労働問題など得意としている分野がいろいろとあります。ある問題に特化した実績がある法律事務所は実績やノウハウも豊富なので、そういった事務所を探すのも良い選び方といえるでしょう。選び方が成功すれば、自分に起こっている問題も解決へ近づいていくことでしょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP