遺産相続の相談を

弁護士へ依頼する時のポイント

遺産相続では弁護士が協力が必要

遺産相続では、相続人同士が争う事が多い為、弁護士の力を借りる事もしばしばあります。例えば、民法に規定する法定相続割合は、あくまで基本的な割合であり、被相続人に特別な寄与をした相続人や、反対に被相続人から特別な利益を受け取った相続人が同じ相続分であれば、それは公平な分割とは言えませんので、相続する遺産に差がつく事は当然です。こうした争いを避け、円満に解決する為にも、遺産相続が始まる前から弁護士に入ってもらう事が賢明な方法と言えます。

バックナンバー

↑PAGE TOP